Skip to content

2024BY はじめのご挨拶

2024年7月1日より、2024酒造年度が新たにスタートいたします。

そして、第35期の株式会社湯川酒造店も同時にスタートいたします。

 

ちょうど1年前、IWC2023 Champion Sakeの発表を受けてから、

とてつもなく目まぐるしい日々がはじまりました。

 

長野県内を中心に、多くのメディアで取り上げて頂いたこともあり、

私たちの日本酒だけでなく会社や考え方までもを、

多くの方に知っていただく機会を頂くことができました。

 

また、当社の商品を大切に扱ってくださるお得意先のお力添えもあり、

多くの方のお手元に商品をお届けできたことに、感謝いたします。

 

そしてこの1年で、湯川酒造店は「美味しい酒を醸して売る」だけの立場から、

「地域とともに発展するための選択」をする立場になってきたとも感じています。

 

私が代表取締役に就任して間もなく、経営理念を作りました。

==========================

脈々と。「造り手の誇り」を持ち、木曽路からつながる未来を醸し続ける。
 株式会社湯川酒造店は、
  歴史・気候風土に感謝し、活力をつなぎます
  時流をよみ、妥協しない酒を醸し続けます
  人・社会・地域がつながる時間を演出します

==========================

 

まさにこの理念に基づき会社経営を進めてきており、

私自身40代50代の自分のリソースを地域づくりに費やしていくことになるだろうと、

10年以上前から漠然と描いてきたことが、現実になりつつあります。

 

声を出し始めれば自然と縁がつながる、自然と導かれるものがある、

人と人とのつながりが、湯川酒造店の社業や地域をつなぐことになると、

そう確信しています。

 

2024byは、開かずのお店であった古民家部分を改修し、

お客様に酒蔵の歴史や地域の価値を伝える空間を作ってまいります。

 

昨夏に完成した、水冷式低温貯蔵庫も本格稼働しております。

 

小さな企業ではありますが、100年先の未来を見据え、

今できることを一歩ずつ丁寧に進めてまいりますので、

引き続き、お引き立て頂きますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

代表取締役 湯川尚子

 

Yukawa sake brewery will start next brewing year and fiscal year in July. Thank you for all, our company has grown in the last year.

 

The won of champion sake was bigger event for us. Based on that we have to step up the quality of sake and I want to spend my time for local community Kiso village.

 

In this summer we will structure our old house build over 140 years ago where for the space we will tell our philosophy, craft, history and more for guests. And our efforts for the environment will be continued.

 

Would you please look forward to developments our company and local area!!

 

President, Naoko Yugawa